「ほっ」と。キャンペーン

おはようございます。
ん〜〜〜、更新の時間が定まらない高井です>_<
皆さんは自分の家を「木造」で建てようと思った時、何を考えますか!?
私は古くから「その土地で育った木」、「地元の木」を利用した家造りが良いかなぁと考えます。
その土地で育った木は、その土地の風土気候の中で育った木という事です。
人間も育った「環境」により様々だと思いますが、「木」も同じです。
その環境に「適している」という事になると考えます。
近年では「外材:外国からの輸入材」が使用される事が増えて来ましたが、
外材を使用するとどんな事が起きるでしょうか?
輸送時に多大な「CO2」を発生させる事になるんです。
小嶋工務店では地元で採れた木を地元の現場に運ぶ、「輸送距離を縮小」する事で、
「環境に優しい家造り:CO2発生量の削減」を実現しています。
※上記は「ウッドマイレージCO2」の考えになります。
c0360376_10071896.jpg
更にここで「重要」な事は、この一連の流れを「地元の事業者」で構築する事です。
建築を通じて、「地域循環型社会形成」が成り立つ事で、「地域への貢献」にもつながる家造りに取り込めていると考えます。

c0360376_10071022.jpg
今日書かせて頂いた事は「地産地消」と「地産地消からなる地域循環、地域活性化」の仕組みです。
※小嶋工務店では、平成21年度に当内容を元に国土交通省の補助事業(応募提案型採択事業)、「長期優良住宅先導モデル事業」に採択をされています。
「林業再生」、「更なる地域活性化」につながる「地域貢献」が出来ればと考えます。
c0360376_10070161.jpg
おわり。





[PR]
# by Tsuyoshi19730407 | 2015-03-17 11:19 | 建築関連

こんにちは。
今日は小嶋工務店の「長期優良住宅」について書いてみようと思います。
国の定める「長期優良住宅」と違いがあるんですよ!
「長期優良住宅認定」を取得するには、「住宅の品質確保の促進等に関する法律:品確法」に定められる主要4項目「耐震等級」「劣化対策等級」「維持管理対策等級」「省エネルギー対策等級」に対し、「住宅設計性能評価」を取得する必要があります。
※「住宅設計性能評価」とは、設計図書より性能を評価するもの。
国は「住宅設計性能評価」を取得していれば「長期優良住宅」と認めてくれます。
………検査は!?
現場が評価をした設計図書の通りに施工されているかチェックしないの!?
「一番大切な事だと思うのですが!!」
小嶋工務店では「住宅設計性能評価」の取得は当然、
「住宅建設性能評価」も取得をしています!(Pointです!)
※「住宅建設性能評価」とは、設計図書より「住宅設計性能評価」を受けた建物に対し、「国が認めた第三者機関」が4回の現場検査を実施し確認をするもの。
建設部の担当現場監督の自主検査にくわへ、「国が認めた第三者機関」による検査をも実施する事で、より「安心」「安全」な住宅の提供を心掛けています!
「長期優良住宅」の国が掲げる思想、
「いいものを造り、長く、大切に使う」を実現するには、
完成後の「維持管理」も大切な要素と考えます。
小嶋工務店では、「住まい手」と「工務店」が一緒に完成後の建物を「家守り」するシステムを構築しています!
「一般財団法人ベターリビング」が舵を取り認定された「長寿命住宅供給システム認定」の認定事業者に「東京都で初」の認定を受けています!
「住宅履歴管理システム」の整備は元より、建物完成後の「維持管理計画」、「定期検査」に係るシステムを整備しています!
c0360376_17100119.jpg
c0360376_17090499.jpg
貼付は、小嶋工務店が「薬剤を使用せず」維持管理対策等級の「最高等級」を取得する為に、標準仕様化している、天然乾燥の「TOKYO WOOD(檜)」です。
国が認める耐久性の高い樹種(D1樹種)の中でも「特定樹種」になります。
小嶋工務店では、建物の「土台」と「1階の管柱」、「通し柱」に主に使用しています。
「天然乾燥」ならではの「色、艶」に、五感に訴えるべく癒しの「香り」を現場にお届け致します!(^_^)

おわり




[PR]
# by Tsuyoshi19730407 | 2015-03-16 18:35 | 建築関連

こんばんは。
今日は何を書こうかな………

株式会社 小嶋工務店 は今年、50周年Yearを迎えています!
c0360376_23185899.jpg
添付画像は会社の「ロゴマーク」になりますが左の部分は木の切株、年輪をイメージしています!
名刺には年輪の中に「KOJIMA」の文字が浮き上がる仕組みになっているんですよ(^_^)
年輪の本数は「100本」!!
半世紀を地元に密着したかたちで過ごして来た会社が、
更に「半世紀:50年」を目指して!
地元に愛され、地元になくてはならない工務店として、
「100年企業」を目指すという目標でもあるんです!
これからも地元、「東京の木:TOKYO WOOD」を使用した、
「地域循環」、「環境に優しい」、 「永きに渡り一生快適に住まへる家造り」に力を注ぎ、日々精進出来ればと、一社員ではございますが考えております!

………会社の紹介になってしまったかな(笑)

さっ!今日もいってみますかね!?
この人物は誰!?
c0360376_23411353.jpg
私が愛してやまないあの方です!
今年の8月には富士山麓で10万人、オールナイトLIVEを企画していますね!

おわり(^_^)/






[PR]
# by Tsuyoshi19730407 | 2015-03-15 23:44 | 建築関連

色のお話し

こんにちは。
今日は建築では悩む事もしばしある「色のお話し」を書いてみようと思います。
色には「有彩色」と「無彩色」があります。
「無彩色」は「白」、「黒」が基盤になります。
簡単に言うと「色味」の無いものです。
「白」と「黒」を混ぜて出来る「灰色:グレー」は「無彩色」になります。
逆に「有彩色」は「色味」のあるものになります。
「色味」には必ず「色の三原色」が含まれています。
「赤」「青」「黄」正確には「赤紫」「青緑」「黄色」だったと思います。
「黄緑色」を作ろうと思った時は読んで字のごとく、「黄色」と「青緑」を混ぜます。
「青紫色」を作ろうと思った時は、「赤紫」と「青緑」を混ぜるといった感じです。
c0360376_12072684.jpg
上の図は「12色相環」です。
対面する色は「補色」と呼ばれ、言ってみれば「嫌いあう色」になります。
ですが!建築ではある色を引き立たせる為に、わざと「補色」を隣り合わせに配置、使用する事があるんですよ!
あとは、長くなりますが「憶えておきたい事」では、「面積効果」というものがあります!
建物の「外壁」を選ぶ時に悩みますよね!
「面積が大きくなればなる程、色は薄く見えます。」
陽当たりの良い場所、悪い場所でも見え方は異なります!
更に「面積効果」が作用しますので、良く考えてみて下さいね(^_^)

真面目なお話しはこのくらいにして、「この人物は誰でしょう!?」
なんてやっみませんか(笑)
c0360376_12074217.jpg
元F-1ドライバーです!
イギリス人で「レッド5」や「荒法師」と異名のつく人ですよ!
考えてみてね(^_^)

おわり(^_^)/



[PR]
# by Tsuyoshi19730407 | 2015-03-14 12:43 | 建築関連

テスト投稿

c0360376_22445115.jpg

はじめまして(^_^)

テスト投稿です。

僕の2本の愛器です(^_^)/
[PR]
# by Tsuyoshi19730407 | 2015-03-12 22:44