「高気密・高断熱住宅」がもたらす「省エネ住宅」

こんにちは。
今日は私が考える「省エネ住宅」について書いてみようと思います。
※人それぞれ考え方は異なりますので、書かれた事が正解であるとは思いません。

皆さんが「住宅の購入」や「住宅の建替え」を考えた時、多分一度は「住宅展示場」に足を運ばれると思います。
先ずは「外観:デザイン」に目をひかれ好みの住宅事業者を探しますかね。。。
その時に建物の周りを一周し、見て数えてもらいたいものがあります!?
「冷暖房機器の室外機の数」です。
日本には四季があり、季節によって個人差もありますが、建物内での「体感」はさまざまかと思います。
夏に建物に入り「涼しい」と感じた場合、その「涼しさ」は「機械的」なものですか?
それとも「ナチュラルな自然」なものですか?
冬場も同じです。
この時、建物の中で体感した「心地よさ・快適さ」が「機械的」なものだとしたら、建物の外部周辺で稼動している「室外機」の数はMAXかと思われます。
そう、機械に頼っているという事です。
「その建物で快適に過ごす」ために必要とする「室外機(冷暖房機器)」が何台かという事になりますよね。
多くの冷暖房機器を使用し、一次エネルギー消費量もMAX、そこそこのCO2発生量もあるのに「太陽光発電」を屋根に設置する事で光熱費をまかない「0エネ住宅や省エネ住宅」。。。
それって本当の意味で「環境に寄与」した「省エネ住宅」って言えるのでしょうか?

私は考えます。
先ずはじめにやらなくてはならない事は「住宅の基本性能」を上げるという事ではないでしょうか。
「住宅の基本性能」を上げ、少しの限られたエネルギー(最小の冷暖房機器)で「快適な家」を造り、必要以上の太陽光発電を搭載する事無く「0エネ」に近づけていく!
これが本当の意味での「環境に寄与」した「省エネ住宅」なんじゃないかなぁと考えます。
「隙間の少ない家」は「冷暖房負荷の少ない家」。。。
「高気密住宅」を造れば「冷暖房負荷の少ない家」になるのかなぁ?
「気密」と一緒に考えるものないかなぁ?
そう!「断熱」です!
弊社では板状の断熱材を構造躯体の外側に張る「外張り断熱工法」を採用、標準化し、「気密測定」を各現場2回(断熱工事終了時と完成時)、施主様立会いのもとに実施しています。
「外張り断熱」と「充填(内)断熱」、どちらも同じ断熱性能を担保する事は断熱材の厚み等で対応する事が出来ると思いますが、充填断熱では「断熱欠損部」が必ず生じるという事は避けられないのと、同時に「気密性能」を担保するには相当の「技術力」が必要となりますね。
「板状の断熱材」を隙間無く構造躯体の外側に張り(外張り断熱)、「防水・気密テープ」で目張り、貫通部はウレタンを吹き付け充填する。。。
「断熱性能」と「気密性能」を同時に担保するには最適な工法と考えます。
「断熱性能」が高く、かつ「気密性能」の高い住宅を、弊社ではご提供させて頂いています。
※「気密住宅」:隙間相当面積(C値)が5cm2/m2.....1m2に5cm2までの隙間があるもの
※「高気密住宅」:隙間相当面積(C値)が2cm2/m2.....1m2に2cm2までの隙間があるもの
弊社の家造りでは「1cm2/m2以下」の家造りが基準となります。
冷暖房機器の力を借りたとしても、少ない台数で、少ない時間で「快適な温熱環境・心地よさ」を造り出せる家!
そんな家が「小嶋の外張り断熱住宅」です。
c0360376_09063566.jpeg
家庭における一次エネルギー消費量の割合を見ると暖房負荷が26.7%と3割弱をしめています。
これを減少させる家造りに大切な事が「高気密・高断熱住宅」だと考えます。

御時間のあります方がいらっしゃいましたら、是非、「外張り断熱工法」で建てられた弊社の「高気密・高断熱住宅」に足を御運び下さい。
四季に応じた「心地よさ」を体感してみて下さいませ。
※こられました際には建物周辺に置かれます冷暖房機器の「室外機の数」も是非数えてみて下さいね!

〔 小嶋工務店展示場 〕
所在地 : 東京都立川市泉町935-1 ハウジングワールド立川内
      区画24番と区画37番になります。
連絡先 : 区画24番 042-527-3322
      区画37番 042-527-4567

おわり






[PR]
by Tsuyoshi19730407 | 2015-03-25 13:45 | 建築関連